最終講義

2月27日(水)、本年度限りで退職される5名の先生方の最終講義が行われました。

最初に福山学部長が長年の先生方のご功績に対しお礼を述べられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中 正巳 教授 『最初から初心者、これからも初心者』(座長: 梅山明美先生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

庄野 文章 教授 『実務家教員13年を顧みて』 (座長: 市川勤先生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

櫻井 栄一 教授 『思いよこしまなし』を胸に (座長: 谷野公俊先生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松永 洋一 教授 『認知症あれこれ』 (座長: 吉岡三郎先生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豊田 正夫 教授 『41年間の思い出いろいろ』 (座長: 梅山明美先生)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多くの教職員、学生が参加し、徳島文理大学での思い出を含めたお話を拝聴しました。

先生方の豊富な見識の一端をご教示いただき、また楽しく面白いエピソードなどもご披露いただき、温かい雰囲気の最終講義となりました。

 

最終講義の後、教職員が参加し、退職される先生方を囲んで、送別パーティーを渭水宴にて行いました。

本学を退職され、異動される先生方もご挨拶されました。

 

松井 敦聡 講師(薬理学教室)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳田 栄一 講師(機能形態学教室)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い間、徳島文理大学薬学部でご活躍いただき本当にお疲れ様でした。

寂しくなりますが、薬学部一同、先生方のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。