薬物乱用防止指導員委嘱式

7月31日(水)に徳島県薬物乱用防止指導員の委嘱式がおこなわれ、薬学部4年生の10名が新たに任命されました。

薬物乱用防止指導員は、薬物の乱用が全国的に蔓延している状況に鑑み、各地域社会に根ざした防止啓発活動を展開するため、各都道府県知事から委嘱しているものです。

本学では薬物乱用防止指導員に任命された学生が中心となり、地域における薬物乱用防止に関する啓発活動や相談および指導をおこなっています。

委嘱式では、代表者として有木中さんが委嘱状を授与し、久米貴大さんが宣誓をおこないました。