徳島文理大学薬学部
国際会議場は2階

■ 第21回日本免疫毒性学会学術年会・概要 ■


  1. 日時
    2014年 9月11日(木)〜12日(金)
  2. 会場
    徳島文理大学・国際会議場
    〒770-8514 徳島市山城町西浜傍示180
  3. テーマ
    「免疫毒性学研究の新たな一歩」
  4. 開催主体
    主催: 日本免疫毒性学会
    共催: 日本産業衛生学会アレルギー・免疫毒性研究会
    協賛: 日本毒性学会、日本薬学会、日本衛生学会、日本臨床環境医学会、
         日本食品衛生学会、日本毒性病理学会
    後援: 日本アレルギー学会
  5. 年会長
    姫野誠一郎 (徳島文理大学薬学部・衛生化学・教授)
  6. 特別講演
    (1) Marc Pallardy  (Universite Paris-Sud)
       "Immunogenicity Assessment of Biotechnology-derived Pharmaceuticals"
    (2) 川村龍吉 (山梨大学医学部皮膚科学講座)
       「亜鉛欠乏による皮膚炎発症メカニズム」
  7. 教育講演
    峯岸克行 (徳島大学疾患プロテオゲノム研究センター)
       「アトピー性皮膚炎を発症する免疫難病・高IgE症候群の病因と病態の解明」
  8. シンポジウム
    次世代の免疫毒性研究を考える
    望月敦史 (理化学研究所 基幹研究所)
    叶 直樹 (東北大学大学院薬学研究科)
    後藤孔郎 (大分大学医学部)
    石井 健 (大阪大学免疫学フロンティア研究センター/医薬基盤研究所)
  9. 試験法ワークショップ
    アレルギーと自己免疫疾患の新たな試験法を目指して
    井上智彰 (中外製薬(株)研究本部 安全性研究部)
    福井元子 (あすか製薬(株)安全性研究部)
    安達玲子 (国立医薬品食品衛生研究所 代謝生化学部)
    西野里沙子 ((財)残留農薬研究所 毒性部)
  10. 一般講演
    1) 一般講演の発表形式
    口頭発表とポスター発表です。
    演題・要旨申込期間: 2014年4月21日(月) 〜 7月10日(木)
    2) 学生・若手優秀発表賞
    2014年 9月12日時点で30歳以下の発表者の中で、優れた発表を行った者に対して学生・若手優秀発表賞を授与します。(授賞式は懇親会)
    学生・若手優秀発表賞への応募者は必ず口頭発表とポスター発表を行ってください。
    3) 年会賞
    すべての一般発表(口頭・ポスターを含む)の中で、最も優れた発表に対して年会賞を授与します。(授賞式は学会2日目の最後)
  11. 参加申し込みおよび参加費
    事前参加申し込み期限: 2014年7月26日(土)
    参加費 (講演要旨集を含む)
    学会員  6,000円 (当日 8,000円)
    非会員  8,000円 (当日 10,000円)
    学生会員 3,000円  (当日 5,000円)
  12. 服装
    当日はきびしい残暑が予想されますので、クールビズでお越しください。
  13. 懇親会
    日時: 9月11日(木)18時半より
    場所: ホテルグランドパレス徳島 (徳島駅前) 送迎バス有り
      参加費: 事前 6,000円, 当日 8,000円
    懇親会で学生・若手優秀発表賞の発表と表彰を行います。
  14. 年会事務局
    〒770-8514 徳島市山城町西浜傍示180
    徳島文理大学薬学部・衛生化学講座 (担当: 藤代 瞳)
    Tel: 088-602-8460
    Fax: 088-655-3051
    E-mail: jsit2014<あっと>ph.bunri-u.ac.jp