徳島文理大学薬学部
国際会議場は2階

■ プログラム ■

プログラムができました。

PDF




特別講演1 ・・・ 9月12日(金)
Marc Pallardy  (Universite Paris-Sud)
"Immunogenicity Assessment of Biotechnology-derived Pharmaceuticals"

特別講演2 ・・・ 9月12日(金)
川村龍吉 (山梨大学医学部皮膚科学講座)
「亜鉛欠乏による皮膚炎発症メカニズム」



教育講演 ・・・ 9月11日(木)
峯岸克行 (徳島大学疾患プロテオゲノム研究センター)
「高IgE症候群の病因と病態の解明」



シンポジウム ・・・ 9月11日(木)
次世代の免疫毒性研究を考える
  1. 望月敦史 (理化学研究所 基幹研究所)
    「生命システムの動態をネットワーク構造のみから理解する」
  2. 叶 直樹 (東北大学大学院薬学研究科)
    「有機小分子と蛋白質の相互作用を直接的・間接的に検出する」
  3. 後藤孔郎 (大分大学医学部)
    「肥満に伴う全身性炎症性病態における脾臓由来IL-10の役割」
  4. 石井 健 (医薬基盤研究所/大阪大学免疫学フロンティア研究センター)
    「ワクチンの副作用は予測できるか? 安全なアジュバントとバイオマーカー開発の新展開」



試験法ワークショップ ・・・ 9月12日(金)
アレルギーと自己免疫疾患の新たな試験法を目指して
  1. 井上智彰 (中外製薬(株)研究本部 安全性研究部)
    「バイオ医薬品の投与により発症する自己免疫疾患、免疫系を介した副作用」
  2. 福井元子 (あすか製薬(株)安全性研究部)
    「抗甲状腺薬投与ラットにおける自己免疫疾患を示唆する脾臓病変」
  3. 安達玲子 (国立医薬品食品衛生研究所 代謝生化学部)
    「食物アレルゲンの経皮感作による即時型アレルギーモデル」
  4. 西野里沙子 ((財)残留農薬研究所 毒性部)
    「大気中の粒子状化学物質により誘発される呼吸器アレルギー検出法開発における検討」