薬品分析学

薬品分析学研究室

田中 好幸 教授

教授:田中 好幸 Tanaka Yoshiyuki(博士 理学)

  • 講師:中島 勝幸(博士 薬学)
  • 助教:服部 良一(博士 理学)

研究室の紹介

薬品分析学教室では酵素活性を有するRNA分子がどのようにして酵素活性を得ているのか、その化学的背景を立体構造解析を通じて解明することを目指しています。またRNA分子の酵素活性を利用した遺伝子治療薬の創製にも取り組んでいます。このように遺伝子の本体である核酸分子のもつ特性を理解することで、核酸分子の関わる生命現象の解明および核酸分子を用いた機能性分子創製(遺伝子治療薬、メタロDNAナノワイヤー等)に取り組んでいます。これらの研究では、理論化学的な研究も行っており、NMRやCDスペクトルと組み合わせた核酸分子の物性研究および天然物の絶対配置について研究を行っています。天然物研究では、キク科植物の根の成分と遺伝学的な関係についても研究を行っています。同じ植物でも1本1本の個体差があり、詳しく調べることによりどのように進化が起こっているかに迫ろうと考えています。

主な研究テーマ

  1. 酵素活性を有したRNA分子の化学的触媒機構解析とその遺伝子治療応用
  2. 機能性核酸分子の創製と理論化学研究
  3. スペクトル的手法や有機合成を応用する相対配置や絶対配置の証明
  4. キク科植物の成分研究を基盤とした植物多用性の研究