薬品分析学

薬品分析学研究室

田中 好幸 教授

教授 :田中 好幸 Tanaka Yoshiyuki(博士 理学)

准教授:中川 治(博士 薬学)

助教 :服部 良一(博士 理学)

研究室の紹介

薬品分析学教室ではDNAやRNA分子の関わる生命現象を、分子構造や物性から明らかにする研究を行っています。

解析対象としては、

1) 損傷した遺伝子を修復する酵素hOGG1の修復機構の解明

2) 酵素活性を有するRNA分子リボザイムの酵素活性発現機構

3) 遺伝子治療薬およびそのデリバリー系の創製にも取り組んでいます。

また、キク科植物の天然物研究も行っています。

主な研究テーマ

  1. 遺伝子修復酵素hOGG1の触媒機構解析
  2. 酵素RNA分子リボザイムの触媒機構解析とその遺伝子治療応用
  3. 遺伝子治療薬のデリバリー系 (DDS) 開発
  4. キク科植物の成分研究を基盤とした植物多用性の研究