>>> 微生物学
 
櫻井研のページへ
 
教 授
櫻井 純
Jun Sakurai
内線5831
助教授
永浜 政博
Masahiro Nagahama
内線5833
助 手
小林 敬子
Keiko Kobayashi
内線5832
●研究課題

1

 ウエルシュ菌の病原因子(タンパク毒素)の
 構造と機能の解析
 Analysis of structure-function relationship of virulence factors produced
  by Clostridium perfringens

2

 ウエルシュ菌感染症発症における病原因子の
 作用機序に関する生化学的、薬理学的研究
 Biochemical and pharmacological mechanisms for biological activities
 of virulence factors produced by Clostridium perfringens
3
 ウエルシュ菌感染症のワクチン並びに
 迅速診断法の開発と応用
 Development of vaccines and diagnostic tools for infectious diseases caused
 by Clostridium perfringens

ウエルシュ菌は、ガス壊疽、壊疽性腸炎、腸性中毒症等の原因菌で、本菌の産生する病原因子(タンパク毒素)がこれらの病原性に深く関わっていることが知られている。多くのタンパク毒素の作用が詳細に解明されるにつれ、分子生物学、薬理学、細胞生物学などの多方面の分野にわたって、特異な作用を示す有用な試薬として用いられ、さらに、治療薬として応用されている。我々は、ウエルシュ菌が産生する種々の毒素の作用機構を遺伝子操作や細胞レベルでの分子生物学的解析と3次元構造の解析、さらに、薬理学的、病理学的角度の分析から、感染症発症機構の本質的解明を目指している。さらに、このアプローチから得られた知見を基礎に治療法、予防法の開発、応用にも積極的に研究を進めている。具体的には、

1 ウエルシュ菌毒素の受容体、基質などリガンドとの複合体の高次構造分析から、分子レベルでのリガンド認識機構の解析
2 ウエルシュ菌毒素刺激によるの細胞側のシグナル伝達経路、細胞内輸送のダイナミックス、その後、引きおこされる生体膜障害機構など多様な細胞応答機構の解析

である。

●最近の主要論文
1
Clostridium perfringens iota-toxin, ADP-ribosyltransferase: the structure and the mechanism of action. Jun Sakurai, Masahiro Nagahama, Junzo Hisatsune, Hideaki Tsuge and Nobuhiko Katunuma, Advan. Enzyme. Regul. In press, 2003.
2
Involvement of tachykinin receptors in Clostridium perfringens beta-toxin-induced plasma extravasation. Masahiro Nagahama, Shinsuke Morimitsu, Atsushi Kihara, Masahiko Akita, Koujun Setsu and Jun Sakurai, Br. J. Pharmacol. In press, 2003.
3
Crystal structure and site-directed mutagenesis of enzymatic component from Clostridium perfringens iota-toxin. Hideaki Tsuge, Masahiro Nagahama, Hiroyuki Nishimura, Junzo Hisatsune, Yoshihiko Sakaguchi, Yasuhiro Itogawa, Nobuhiko Katunuma and Jun Sakurai, J. Mol. Biol. 325, 471-483, 2002.
4
Role of the C-domain in the biological activities of Clostridium perfringens alpha-toxin. Masahiro Nagahama, Masakazu Mukai, Shinsuke Morimitsu and Jun Sakurai, Microbiol. Immunol. 46, 647-655, 2002.
5
Binding component of Clostridium perfringens iota-toxin induces endocytosis in Vero cells. Masahiro Nagahama, Koichi Nagayasu, Keiko Kobayashi and Jun Sakurai, Infect. Immun. 70, 1909-1914, 2002.
6
Clostridium perfringens a-toxin induces rabbit neutrophil adhension. Sadayuki Ochi, Toshifumi Miyawaki, Hisaaki Matsuda, Masataka Oda, Masahahiro Nagahama and Jun Sakurai, Microbiology (UK) 148, 237-245, 2002.