薬理学

薬理学研究室

喜多 紗斗美 教授

教授:喜多 紗斗美 Kita Satomi(博士 薬学)

  • 講師:松井 敦聡(博士 薬学)

研究室の紹介

当研究室では、細胞膜やミトコンドリアに発現するイオン輸送体が生体内でどのような役割をしているのか、また、各種病態において発症・維持にどのように関わっているのかを解明することを目指しています。また、アルツハイマー病に代表される認知症の予防・治療薬の候補物質として、神経栄養因子様作用をもつ化合物の作用機序の解明など、病態モデルマウスや神経細胞を用いて実験を行っています。

主な研究テーマ

  1. イオン輸送体(Na+/Ca2+交換体など)の機能と病態への関与について
  2. 神経栄養因子様作用物質の作用機序の解明と神経疾患への効果について