薬学部長 福山 愛保教授のメッセージ

〜自然科学に裏付けられた薬学専門知識・技術を備えた薬剤師の育成〜

本学部は、1972年中国四国地区で最初の私立大学薬学部として設置されて以来、「自立協同」の教育理念に基づいた幅広い教養、豊かな人間性と高い倫理観を持たせる薬学教育を行っています。薬学部の卒業生は約8000人に上り、優れた知識・技術・人間性を備えた薬の専門家として、病院や薬局、製薬企業、官公庁で活躍しています。
本学の特徴は、自然科学に裏付けられた薬学専門知識・技術を修得し、問題提起能力と問題解決能力を備えた薬剤師を育成するための教育カリキュラムが組まれていることです。この教育目標を実現するために、優れた教員が情熱を持って指導に当たります。その教育成果は過去2年間に実施された2回の共用試験(CBT, OSCE)に全員合格する結果となり現れました。もちろん、本学の教育カリキュラムを積極的に実践すれば、全員卒業後、来るべき薬剤師国家試験に全員合格できると確信します。
薬学専門教育を支える本学の研究活動は国内外から高い評価を受けています。それは学会賞等を受賞した教授が多いこと、文科省科学研究費額は西日本で高順位にランクされていることです。充実した研究環境から生み出された優れた研究成果が世界に発信され、医療・創薬分野の発展に貢献するのは、誇りです。意欲がある学生は、1年次からでも最先端の研究活動に参加し体験できます。研究活動の体験は新たな可能性を発見し、将来の自己イメージが一変するかも知れません。
最近、チーム医療の一員として薬剤師の必要性が高まっています。薬を通して人の健康維持・向上に貢献できるのは薬剤師です。チーム医療で認められ自立するには、幅広い薬学の専門知識や能力を磨くことに加えて、人と協調する「和」とお互いを信頼する「絆」の醸成が必要です。まさに、チーム医療は建学精神「自立協同」の実践です。本学部では、沖縄から北海道まで日本各地から、台湾や韓国等の外国からも集まった学生達が薬剤師をめざし学んでいます。皆、友人を作り互いに助け合い刺激し勉学に励み、大学生活を楽しんでいます。
   徳島は温暖な気候と自然に恵まれ、空気・水・魚が美味しい生活し易い地域です。皆さん、本学部で自然科学に裏付けられた薬学専門知識・技術を備えた薬剤師をめざし、「自立協同」の精神を磨き自立した人格形成に努めようではありませんか。
薬学部長 福山 愛保 教授 徳島キャンパス:薬学部21号館

徳島キャンパス:薬学部21号館