薬品製造学教室 徳島文理大学薬学部

発表論文

2020

1)Design and synthesis of dual active neovibsanin derivatives based on a chemical structure merging method. Yanagimoto, Tsuyoshi; Kishimoto, Suguru; Kasai, Yusuke; Matsui, Nobuaki; Kubo, Miwa; Yamamoto, Hirofumi; Fukuyama, Yoshiyasu; Imagawa, Hiroshi, Bioorg. Med. Chem. Lett., 2020, 30(20), 127497.

2)New isopimaradiene diterpenoids from kaempulchraol E via Rhizopus oryzae fungal transformation. Elshamy, Abdelsamed I.; Abd El Aty, Abeer A.; Yoneyama, Tatsuro; Hussien, Taha A.; Imagawa, Hiroshi; Suenaga, Midori; Umeyama, Akemi; Hegazy, Mohamed-Elamir F. Phytochem. Lett., 2020, 38, 107-111.

3)A synthetic protocol for (-)-ketorolac; development of asymmetric gold(I)-catalyzed cyclization of allyl alcohol with pyrrole ring core, Sasaki, Ikuo; Yamasaki, Naoto; Kasai, Yusuke; Imagawa, Hiroshi; Yamamoto, Hirofumi, Tetrahedron Lett., 2020, 61(10), 151564.

2019

1)New alkaloidal metabolites from cultures of entomopathogenic fungus Cordyceps takaomontana NBRC 101754, Hama, Maichi; Elshamy, Abdelsamed I.; Yoneyama, Tatsuro; Kasai, Yusuke; Yamamoto, Hirohumi; Tanigawa, Kana; Oshiro, Ayari; Noji, Masaaki; Ban, Sayaka; Imagawa, Hiroshi; Umeyama, Akemi, Fitoterapia, 2019, 139, 104364.

2)Marylosides A-G, norcycloartane glycosides from leaves of Cymbidium great flower 'Marylaurencin', Yoneyama, Tatsuro; Iseki, Kanako; Noji, Masaaki; Imagawa, Hiroshi; Hashimoto, Toshihiro; Kawano, Sachiko; Baba, Masaki; Kashiwada, Yoshiki; Yahagi, Tadahiro; Matsuzaki, Keiichi; Umeyama, Akemi, Molecules, 2019, 24 (13), 2504.

3)Asymmetric Total Syntheses and Structure Elucidations of (+)-Eurotiumide F and (+)-Eurotiumide G, Atsushi Nakayama, Hideo Sato, Shuji Nagano, Sangita Karanjit, Hiroshi Imagawa, Kosuke Namba, Chem. Pharm. Bull., 2019, 67, 953–958.

2018

1)Kaemgalangol A: Unusual seco-isopimarane diterpenoid from aromatic ginger Kaempferia galangal, Ningombam Swapana, Takehiro Tominaga, Abdelsamed I. Elshamy, Mahmoud A. A. Ibrahim, Mohamed-Elamir F. Hegazy, Midori Suenaga, Hiroshi Imagawa, Masaaki Noji, Akemi Umeyama. Fitoterapia, 2018, 129, 47-53.

2)Sulfated vizantin suppresses mucin layer penetration dependent on flagella motility of Pseudomonas aeruginosa PAO1. N. Hayashi, Y. Furue, D. Kai, N. Yamada, H. Yamamoto, T. Nakano, M. Oda, Plos one, 2018, 13, e0206696. Sulfated vizantin induces the formation of phagocytic extracellular traps. M. Oda, M. Kurosawa, H. Yamamoto, H. Domon, T. Kimura, T. Isono, T. Maekawa, N. Hayashi, N. Yamada, Y. Furue, D. Kai, Y. Terao, Microbiol. Immunol., 2018, 62, 310-316.

3)Syntheses of thallusin analogues and their algal morphogenesis-inducing activities, Yamamoto, Hirofumi; Takagi, Yuichi; Yamasaki, Naoto; Mitsuyama, Tadashi; Kasai, Yusuke; Imagawa, Hiroshi; Kinoshita, Yutaro; Oka, Naohiro; Hiraoka, Masanori, Tetrahedron, 2018, 74 (50), 7173-7178.

2017

1)A New Diphenyl Ether Glycoside from Xylosma longifolium Collected from North-East India Ningombam Swapana, Masaaki Noji, Rina Nishiuma, Masahiro Izumi, Hiroshi Imagawa, Yuusuke Kasai, Yasuko Okamoto, Kanako Iseki, Ch. Brajakishor Singh, Yoshinori Asakawa, Akemi Umeyama, Nat. Prod. Commun. 2017, 12 (8) 1273-1275.

2)m-C2B10H11HgCl/AgOTf-Catalyzed Reaction for Reductive Deoxygenation. N. Yamasaki, M. Kanno, K. Sakamoto, Y. Kasai, H. Imagawa, H. Yamamoto, Synlett, published online 29, 08, 2017. (selected for the cover of Synlett.) Total synthesis of polycavernosides A and B, two lethal toxins from red alga. K. Iwasaki, S. Sasaki, Y. Kasai, Y. Kawashima, S. Sasaki, T. Ito, M. Yotsu-Yamashita, M. Sasaki, J. Org. Chem. 2017, 82, 13204–13219.

2016

1)Aryl–Allene Cyclization via a Hg(OTf)2-Catalytic Pathway, Hirofumi Yamamoto, Maho Ueda, Naoto Yamasaki, Akiyoshi Fujii, Ikuo Sasaki, Kazunobu Igawa, Yusuke Kasai, Hiroshi Imagawa, Mugio Nishizawa, Org Let., 2016, 18 (21), 2864-2867. New cytotoxic phloroglucinols, baeckenones D–F, from the leaves of Indonesian Baeckea frutescens, Khoirun Nisa, Takuya Ito, Takeshi Kodama, Masami Tanaka, Yasuko Okamoto, Yoshinori Asakawa, Hiroshi Imagawa, Hiroyuki Morita, Fitoterapia, 2016, 109, 236-240.

2)Chemical Hybridization of Vizantin and Lipid A to Generate a Novel LPS Antagonist, Hirofumi Yamamoto, Masataka Oda, Marina Kanno, Shota Tamashiro, Ikuko Tamura, Toshihiko Yoneda, Naoto Yamasaki, Hisanori Domon, Mayo Nakano, Hironobu Takahashi, Yutaka Terao, Yutaka Terao, Hiroshi Imagawa, Chem. Pharm. Bull., 2016, 64, 246–257.

3)Six New Lanostane Triterpenoids from the Fruiting Body of Tyromyces sambuceus and Antiproliferative Activity, Kokudo, N.; Okazoe, M.; Takahashi, J.; Iseki, K.; Yoshikawa, K.; Imagawa, H.; Hashimoto, T.; Noji, M.; Umeyama, A., Nat. Prod. Commun. 2016, 11 (2), 169-172.

4)Vizantin inhibits bacterial adhesion without affecting bacterial growth and causes Streptococcus mutans biofilm to detach by altering its internal architecture. S. Takenaka, M. Oda, H. Domon, T. Ohsumi, Y. Suzuki, H. Ohshima, H. Yamamoto, Y. Terao, Y. Noiri. Biochem. Biophys. Res. Commun. (BBRC), 2016, 480, 173-179.

2015

1)A heterogeneous mercury salt catalyst stabilized by m-carbaborane,Yamamoto, H.; Yamasaki, N.; Hamauchi, H.; Shiomi, S.; Sasaki, I.; Seyama, K.; Mima, Y.; Nakano, M.; Kawakami, T.; Miyataka, H.; Kasai, Y.; Imagawa, H. RSC Advances, 2015, 5 (115), 94737-94742.

2)Kaempulchraols I-O: new isopimarane diterpenoids from Kaempferia pulchra rhizomes collected in Myanmar and their antiproliferative activity,Win, N.; Ito, T.; Aimaiti, S.; Kodama, T.; Imagawa, H.; Ngwe, H.; Asakawa, Y.; Abe, I.; Morita, H. Tetrahedron, 2015, 71(29), 4707-4713.

3)A new polyoxygenated cyclohexene and a new megastigmane glycoside from Uvaria grandiflora,Ho, D. V.; Kodama, T.; Le, H. T. B.; Phan, K. V.; Do, T. T.; Bui, T. H.; Le, A. T.; Win, N. N.; Imagawa, H.; Ito, T.; Morita, H.; Nguyen, H. T. Bioorg. Med. Chem. Lett., 2015, 25(16), 3246-3250.1.

4)Kaempulchraols A-H, Diterpenoids from the Rhizomes of Kaempferia pulchra Collected in Myanmar, Win, N. N.; Ito, T.; Aimaiti, S.; Imagawa, H.; Ngwe, H.; Abe, I.; Morita, H. J. Nat. Prod. 2015, 78(5), 1113-111

2014

1)Total Synthesis of (−)-Thallusin: Utilization of Enzymatic Hydrolysis Resolution H. Yamamoto, Y. Takagi, T. Oshiro, T. Mitsuyama, I. Sasaki, N. Yamasaki, A. Yamada, H. Kenmoku, Y. Matsuo, Y. Kasai, H. Imagaw, J. Org. Chem. 2014, 79, 8850−8855.

2)Different effect of vitamin D2 and vitamin D3 on amyloid-β40 aggregation in vitro. Suenaga, M, Takahashi, H, Imagawa, H, Wagatsuma, M, Ouma, S, Tsuboi, Y, Furuta, A, Matsunaga, Y. Curr Alzheimer Res. 2014, 11(8), 745-54.

3)Three lanostane triterpenoids with antitrypanosomal activity from the fruiting body of Hexagonia tenuissource, A. Umeyama, C. Ohta, Y. Shino, M. Okada, Y. Nakamura, T. Hamagaki, H. Imagawa, M, Tanaka, A. Ishiyama, M. Iwatsuki, K. Otoguro, S. Ōmura, T. Hashimoto, Tetrahedron, 2014, 70 (44), 8312–8315.

4)Opaliferin, a New Polyketide from Cultures of Entomopathogenic Fungus Cordyceps sp. NBRC 106954, Grudniewska, S. Hayashi, M. Shimizu, M. Kato, M. Suenaga, H. Imagawa, T. Ito, Y. Asakawa, S. Ban, T. Kumada, T. Hashimoto, A. Umeyama, Org. Lett, 2014, 16 (18), 4695–4697.1.

5)Vizantin Inhibits Endotoxin-Mediated Immune Responses via the TLR 4/MD-2 Complex, Oda, M.; Yamamoto, H.; Shibutani, M.; Nakano, M.; Yabiku, K.; Tarui, T.; Kameyama, N.; Shirakawa, D.; Obayashi, S.; Watanabe, N.; Imagawa, H.; Kurosawa, M.; Terao, Y.; Nishizawa, M.; Sakurai, J. Journal of Immunology, 2014, 193(9), 4507-4514.

2013

1)Novel inhibitor of bacterial sphingomyelinase, SMY-540, developed based on three-dimensional structure analysis, M. Oda, H. Imagawa, R. Kato, K. Yabiku, T. Yoshikawa, T. Takemoto, H. Takahashi, H. Yamamoto, M. Nishizawa, J. Sakurai, M. Nagahama, J. Enzyme Inhib. Med. Chem., 2013, Ahead of Print 1-8.

2)Concise synthesis of a probe molecule enabling analysis and imaging of vizantin, H. Yamamoto, M. Oda, M. Nakano, K. Yabiku, M. Shibutani, T. Nakanishi, M. Suenaga, M. Inoue, H. Imagawa, M. Nagahama, Y. Matsunaga, S. Himeno, K. Setsu, J. Sakurai, M. Nishizawa, Chem. Pharm. Bull. 2013, 61(4) 452–459.

3)Development of vizantin, a safe immunostimulant, based on the structure−activity relationship of trehalose-6,6′-dicorynomycolate, H. Yamamoto, M. Oda, M. Nakano, N. Watanabe, K. Yabiku, M. Shibutani, M. Inoue, H. Imagawa, M. Nagahama, S. Himeno, K. Setsu, J. Sakurai, M. Nishizawa, J. Med. Chem. 2013, 56, 381−385.

4)Yellow pigments, fomitellanols A and B, and drimane sesquiterpenoids, cryptoporic acids P and Q, from fomitella fraxinea and their inhibitory activity against COX and 5- LO, K. Yoshikawa, K. Koso, M. Shimomura, M. Tanaka, H. Yamamoto, H. Imagawa, S. Arihara, T. Hashimoto, Molecules, 2013, 18, 4181-4191.

2012年以前の業績は,本ページ最後のリンクを参照ください

学会発表

2020

日本薬学会第140年会 (京都) 2020.3.25-28

1) スピロテヌイペシン Aの全合成

○栁本 剛志, 山田 紗世, 葛西 祐介, 山本 博文, 今川 洋

2019

第63回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会(秋田)2019.9.28-30

1)(±)-スピロテヌイペシン Aの全合成 ○栁本 剛志, 山田 紗世, 葛西 祐介, 山本 博文, 今川 洋

2) カメムシ分泌物への接触によるヒト皮膚の蛍光発色の機序研究 今川 洋, 井上 みな, ○栁本 剛, 田村 浩, 葛西 祐, 山本 博, 浅川 義範

日本薬学会 第139年会(千葉)2019.3.20-23 3)BMeS-p-A標識型サルーシンの設計と応用 ○石川舞子, 山崎直人, 葛西祐介, 山本博文, 今川 洋

4)抗マラリア活性を有するデヒドロアントフィンおよびその誘導体の合成と評価 ○岩崎郁弥, 山崎直人, 作見 和, 葛西祐介, 山本博文, 今川 洋, 久保美和, 福山愛保, 穗苅 玲, 石山亜紀, 岩月正人, 大村 智

5)カメムシ分泌物への接触による皮膚の変色および蛍光発色の機序研究 ○井上みなみ, 田村浩子, 栁本剛志, 葛西祐介, 山本博文, 今川 洋, 浅川義範

6)冬虫夏草菌 Cordyceps cardinalis からの新規環状デプシペプチド及びbioxanthreneについて ○高橋弘季, 米山達朗, 野路征昭, 葛西祐介, 今川 洋, 伴 さやか, 梅山明美

7)光親和性標識体を用いたネオビブサニン類の標的タンパク質探索 ○栁本剛志, 岸本 卓, 清水奈津美, 柳井 翠, 小松加奈, 高岸照久, 葛西祐介, 竹原正也, 松井敦聡, 久保美和, 山本博文, 永浜政博,喜多紗斗美, 赤木正明, 福山愛保, 今川 洋

8)長鎖アルキル基を有する N- アシルスルホンアミドを用いた液相ペプチド合成法の開発 ○玉井淳嗣, 佐川友梨, 坂地美咲, 葛西祐介, 山本博文, 今川 洋

9)スフィンゴミエリナーゼ阻害剤 SMY-540 の改良合成法の開発 ○井西紫乃, 武本隆之, 葛西祐介, 山本博文, 竹原正也, 永浜政博, 今川 洋

2018

日本薬学会 第138年会(金沢)2018.3.25-28 1)3,3’-Bis(o-phenylcarbaboranyl)-BINOL の合成 作見 和,山崎 直人,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋,川幡 正俊,山口 健太郎

2)BMeS-p-A 標識サルーシン類縁体の合成研究 石川 舞子,山崎 直人,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋

3)光親和性標識体を用いたネオビブサニン類の受容体探索 岸本 卓,清水 奈津美,柳本 剛志,柳井 翠,小松 加奈,高岸 照久,葛西 祐介,竹原 正也,松井 敦聡,久保 美和,山本 博文,永浜 政博,喜多 紗斗美,赤木 正明,福山 愛保,今川 洋

4)冬虫夏草菌培養物から得られた含窒素化合物の構造と化学合成による絶対配置の決定 大城 彩里,濵 眞壱, Abdelsamed I. ELSHAM,Y葛西 祐介,野路 征昭,今川 洋伴 さやか,梅山 明美

5)新規合成化合物 Vizantin 誘導体による血管新生阻害作用への影響 北田 卓也,山本 博文,阿部 友美,瀬津 弘順,葛西 祐介,今川 洋,井上 正久

6)(S)-ケトロラックの短段階合成 山崎 直人,大住 悠介,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋

7)デヒトドロアントフィンの全合成 岩崎 郁弥,山崎 直人,作見 和,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋

8)スピロテヌイペシンA の合成研究 栁本 剛志,山田 紗世,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋

2017

日本薬学会第137年会(仙台) 2017.3.24-27

1)疎水性長鎖アルキル基を有するセーフティーキャッチ型保護基の開発と液相ペプチド合成への適用,○坂地 美咲,玉井 淳嗣,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋

2)ドッキングシュミレーション解析に基づいた新規リピッド A阻害剤の設計と合成,○世良 望,山崎 直人,中野 真代,高橋 宏暢,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋

3)新規不斉配位子3,3’-(C2B10H11)2-BINOLの合成、○作見 和 ,山崎 直人,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋,川幡 正俊,山口 健太郎

4)抗トリパノソーマ活性を有するフェナントレン化合物の合成研究,○新田 浩平,亀井 琴乃,葛西 祐介,野路 征昭,山本 博文,梅山 明美,今川 洋

5)カルバボラニル水銀トリフラート触媒を利用したMyers型還元的脱酸素反応の開発,○山崎 直人,坂本 京平,神農 麻里奈,葛西 祐介,山本 博文,今川 洋

6)長鎖保護基の性質を利用した天然由来環状ペプチドの合成,○杉本 友美,新居 慎也,井下 美咲,金城 茜,中村 由佳里,葛西 祐介,野路 征昭,山本 博文,橋本 敏弘,梅山 明美,今川 洋

7)TDCM誘導体,ビザンチンによる血管新生阻害作用の検討,○北田 卓也,山本 博文,阿部 友美,瀬津 弘順,葛西 祐介,今川 洋,井上 正 久

8)分子掛け合わせ法による新規ネオビブサニン誘導体の設計と合成,○栁本 剛志,岸本 卓,清水 奈津美,柳井 翠,小松 加奈,杉本 実希子,山口 仁美,高岸 照久,葛西 祐介,松井 敦聡,久保 美和,山本 博文,永浜 政博,赤木 正明,福山 愛保,今川 洋

9)神経栄養因子様化合物NVC (neovibsanin core structure)の機序についての検討、○鈴木 加奈,中内 樹里,近藤 静香,清水 奈津美,井上 みなみ,井西 紫乃,柳本 剛志,葛西 祐介,山本 博文,久保 美和,福山 愛保,今川 洋,松井 敦聡,赤木 正明

2016

有機合成化学協会中国・四国支部会(広島大),平成28年11月19日,

1)塩メタセシス反応を用いた効率的触媒反応系の構築と機能性分子探索への応用,特別講演:○山本博文

International Symposium on Natural Products for the Future 2016 Tokushima, September 1-4. 2016.

2) Design and Synthesis of Novel Neovibsanin Derivatives Based on a Chemical Structure Hybridization Method,IY. Kasai, T. Yanagimoto, S. Kishimoto, K. Komatsu, M. Yanai, H. Yamaguchi, N. Shimizu, T. Takagishi, N. Matsui, M. Kubo, H. Yamamoto, M. Akagi, M. Nagahama, Y. Fukuyama, H. Imagawa

3) Syntheses of a Series of Thallsin Analogues and their Growth Promoting Activity for Green Macroalgae,H. Yamamoto, Y. Takagi, T. Oshiro, T. Mitsuyama, N. Yamasaki, Y. Kasai, H. Imagawa, H. Kenmoku, Y. Matsuo

4) Total synthesis of (±)-Oridamycin A,N. Yamasaki, T. Ito, Y. Kasai, H. Imagawa, H. Morita, H. Yamamoto

第14回次世代を担う有機化学シンポジウム(東京), 平成28年5月27日

5)新規抗水カビ剤の開発を指向したオリダマイシン類似体の合成研究 ○山崎直人,葛西佑介,山本博文,今川洋,第14回次世代を担う有機化学シンポジウム(東京), 平成28年5月27日

創薬シンポジウム 徳島文理大学 2016,2016.5.28

6)神経変性疾患治療のための新しい分子標的の探索,○今川 洋

日本藻類学会第40大会(東京), 平成28年3月18〜20日

7)ヒロハノヒトエグサの成長と成熟に対する形態形成誘導物質サルーシンの影響,○ 木下優太郎,山本博文,平岡雅規

日本薬学会第136年会(横浜) 2016.3.25-28

8)再利用可能な化学反応剤の開発を指向した m-カルバボラニル水銀塩の物質解析研究,○久米 あかね, 山崎 直人, 三間 靖子, 川上 隆茂, 葛西 祐介, 山本 博文,今川 洋

9)ドッキングシミュレーションを利用した新規 LPS 阻害剤の活性発現機構解明研究 ○坂本 京平, 神農 麻里奈, 山崎 直人, 中野 真代, 高橋 宏暢, 土門 久哲,小田 真隆, 寺尾 豊, 葛西 祐介, 山本 博文, 今川 洋

10)神経突起伸展促進活性を有する新規ネオビブサニン誘導体の設計と合成,○栁本 剛志, 柳井 翠, 小松 加奈, 杉本 実希子, 山口 仁美, 清水 奈津美, 岸本 卓, 高岸 照久, 葛西 祐介, 松井 敦聡, 久保 美和, 山本 博文, 永浜 政博, 赤木 正明, 福山 愛保, 今川 洋

11)(±)-オリダマイシン A の全合成,○山崎 直人, 葛西 祐介, 山本 博文, 今川 洋

有機ものつくり研究会第8回発表会(神戸),平成28年1月10日, ○山本博文

12)ホウ素クラスター触媒を活用したオリダマイシンAの全合成,

2015

日本薬学会第135年会(神戸) 2015.3.25-28

1. N-Boc-N’-トシルヒドラジンを用いた水銀トリフラート触媒による炭素―窒素結合形成反応の開発,神農麻里奈,山崎直人,葛西祐介,山本博文,今川 洋

2. ビザンチンの効率的合成法の開発,坂本京平,中野真代,葛西祐介,山本博文,今川 洋 3. 光親和性標識化ネオビブサニン誘導体の合成と標的タンパク質の検出,柳井 翠,小松加奈,櫻井剛志,杉本実希子,山口仁美,清水奈津美,高岸照久,葛西祐介,久保美和,山本博文,永浜政博,福山愛保,今川 洋

4. m-カルバボラニル水銀トリフラートを用いたファルネシルジエン誘導体のタンデム環化反応,三間靖子,山崎直人,葛西祐介,山本博文,今川 洋

5. 分岐型DNAの合成とその包接能の解析,斎村亜耶,門田勇輝,尾川 奨,高橋宏暢,岡本育子,葛西祐介,山本博文,今川 洋

6. 冬虫夏草 Ophiocordyceps heteropodaより得られた抗原虫活性を示す新規環状ペプチドの構造,中村由佳里,梅山明美,岡田みのり,井口美紀,岡本育子,今川 洋,伴 さやか,熊田俊夫,穗苅 玲,石山亜紀,岩月正人,乙黒一彦,大村 智,橋本敏弘

7. 長鎖保護基の性質を利用したオオセミタケ由来環状ペプチドの液相合成と構造解析,井下美咲,金城 茜,杉本友美,葛西祐介,山本博文,梅山明美,橋本敏弘,今川 洋

8. 冬虫夏草および数種の冬虫夏草菌の培養物より得られた二次代謝産物の構造,井口美紀,梅山明美,岡田みのり,中村由佳里,高橋功一,Aleksandra GRUDNIEWSKA,林 明香,加藤雅之,清水美名,我那覇ももこ,大槻優太,岡本育子,今川 洋,伴 さやか,橋本敏弘 9. サルーシンのアンタゴニストを指向した類縁体の合成研究,大住悠介,山田晃代,久米あかね,葛西祐介,山本博文,今川 洋

2014

日本薬学会第134年会(熊本) 2014.3.27-30

(S)-ケトロラック誘導体の不斉合成 ○大住悠介,佐々木郁雄,葛西祐介,山本博文,今川 洋 ハイブリット型ビザンチンの設計と合成 ○神農麻里奈,田村郁子,中野真代,葛西祐介,山本博文,今川 洋,渋谷昌弘,玉城翔太,小田真隆

水銀トリフラート触媒炭素―窒素結合形成反応の開発:N-アシルN’-トシルヒドラジドの活用 ○山崎直人,神農麻里奈,葛西祐介,山本博文,今川 洋

光親和性標識を持つネオビブサニン誘導体の合成 山口仁美,○小松加奈,○柳井 翠,杉本実希子,葛西祐介,久保美和,山本博文,福山愛保,今川 洋

構造活性相関を基盤としたサルーシン標識体の合成 ○山田晃代,藤田奈央,葛西祐介,山本博文,今川 洋,兼目裕充

長鎖保護基を用いた迅速液相ペプチド合成 ○金城 茜,井下美咲,葛西祐介,山本博文,今川 洋

生合成仮説に基づいたパクタマイシンの合成研究 白石彩奈,○坂口斉,葛西祐介,山本博文,今川 洋

分岐型DNAの合成とその機能解析 斎村亜耶,門田勇輝,○尾川 奨,岡本育子,葛西祐介,山本博文,今川 洋

2013

23rd French-Japanese Symposium on medicinal and fine chemistry (第23回日仏医薬精密化学会議,長崎)2013.5.12-15

Syntheses of Structurally-simplified Neovibsanin Derivatives and Analysis of their Neurite Outgrowth Activity Hiroshi Imagawa, Hayato Saijo, Hitomi Yamaguchi, Ken Maekawa, Takahiro Kurisaki, Hirofumi Yamamoto, Mugio Nishizawa, Masataka Oda, Michiko Kabura, Masahiro Nagahama, Jun Sakurai, Miwa Kubo, Megumi Nakai, Kosho Makino, Mitsuko Ogata, Hironobu Takahashi, Yoshiyasu Fukuyama

日本薬学会第133年会(横浜) 2013.3.27-30

磁性ビーズ担持型ビザヒンチンの定量法の検討,○中野真代, 山本博文, 今川 洋, 櫻井純, 西沢麦夫, 樽井敬史, 渋谷昌弘, 大林寿美代, 玉城糊太, 小田真隆, 永浜政博,

オリダマイシン類の合成研究 ○山崎直人, 山本博文, 伊藤卓也, 今川 洋

分子自己会合体の構成分子としての分岐型DNAの合成研究 ○門田勇輝, 斎村亜耶, 岡本育子, 通 元夫, 山本博文, 今川 洋

リピッドA誘導体の設計と合成 ○田村郁子, 米田稔彦, 中野真代, 山本博文, 今川洋, 渋谷昌弘, 小田真隆, 永浜政博

藻類成長阻害剤の合成と応用 ○藤田奈央, 山本博文, 大城貴樹, 光山忠史, 高木悠一, 今川 洋, 兼目裕充, 尾北俊博

不均一系カルボラン水銀トリフラートを用いた1,3-ジュン環化反応 ○山本博文, 瀬山浩市郎, 浜内洋志, 塩見慎也, 佐々木郁雄, 今川 洋, 宮高透喜

2012

文部省戦略的研究基盤形成支援事業 第9回研究報告会 2012.12.22

磁性ビーズ担持型ビザンチン定量法の開発,中野真代,山本博文,櫻井 純,今川 洋,西沢麦夫,樽井敬史,渋谷昌弘,大林寿美代,玉城翔太,小田真隆,永浜政博

カルボラン架橋型不均一系触媒を用いた1,3-ジエン環化反応の開発 ○山本博文,瀬山浩市郎,浜内洋志,塩見慎也,佐々木郁雄,今川 洋,宮高秀喜

シリルエーテルと1,3-ジオンを用いた炭素-炭素結合型触媒反応の開発 ○山崎直人,藤本恵利加,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋

電子求引性基で置換した糖誘導体を基盤とするグリコシダーゼ阻害剤の開発,西川大亮,竹井志織,○重清麻理子,山本博文,今川 洋

ネオビブサニン類の構造活性相関と光親和性標識体の合成研究,今川 洋,○山口仁美,杉本実希子,柳井 翠,小松加奈,西條速人,栗崎貴啓,山本博文,西澤麦夫,久保美和,牧野宏章,福山愛保

Pactamycinの合成を目指した多置換シクロペンタンの合成研究,○白石彩奈,山本博文,今川 洋,西沢麦夫 スフィンゴミエリナーゼ阻害剤 SMY540 の開発,今川 洋,武本隆之,◯ 橋上幸平,吉川友美,山内理恵子,山本博文,櫻井 純,西澤麦夫,小田真隆, 加藤良子, 屋比久賢太,橋本 学,永浜政博

分子会合体の構成分子としての分岐型DNAの合成研究,○門田勇輝,斎村亜耶,山本博文,今川 洋,岡本育子,通 元夫

淡水性藻類に対するサルーシン誘導体の成長阻害活性,○藤田奈央,大城貴樹,高木悠一,光山忠史,山本博文,今川 洋,兼目裕充,尾北俊博

第54回天然有機化合物討論会(東京)2012.9.18-20,

第54回天然有機化合物討論会奨励賞受賞 免役賦活物質ビザンチンの受容体探索,○中野真代,山本 博文,今川 洋,櫻井 純,西澤麦夫,樽井敬史,渋谷昌弘,大林寿美代,玉城翔太,小田真隆,永浜政博

文部省戦略的研究基盤形成支援事業 第8回研究報告会 2012.7.7

認証治療薬及び感染症治療薬の開発を目指した新規生理活性化合物の合成研究,○今川 洋

日本薬学会第132年会(札幌) 2012.3.28-31

ケトロラックの全合成 ○佐々木郁雄,光武瑞穂,山本博文,今川 洋

サルーシンの蛍光標識体合成 ○藤田奈央,高木悠一,光山忠史,大城貴樹,山本博文,今川 洋,兼目裕充

薬物動態学的な解析を指向したビザンチン誘導体の合成 ○中野真代,山本博文,今川 洋,櫻井 純,西澤麦夫,樽井敬史,亀山直哉,白川大起,小田真隆,永浜政博

タコウキン科フルイタケHexagoina tenuisから得られた新規ラノスタン型トリテルペンと抗トリパノソーマ原虫活性について ○篠 優香理,梅山明美,岡田みのり,中村ゆかり,今川 洋,末永みどり,石山亜紀,岩月正人,乙黒一彦,山田陽城,大村 智,橋本敏弘

ホウ素クラスターを架橋分子とした新規固相水銀触媒の開発 ○山本博文,瀬山浩市郎,浜内洋志,佐々木郁雄,今川 洋

ヒドラジド求核剤を用いた炭素—窒素結合形成反応 ○山崎直人,吉留慎吾,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋,西澤麦夫

光親和性標識を持つネオビブサニン誘導体の合成研究 今川 洋,○山口仁美,前川 健,杉本実希子,西條速人,栗崎貴啓,山本博文,西澤麦夫,小田真隆,永浜政博,櫻井 純,久保美和,牧野宏章,福山愛保

2011

文部省戦略的研究基盤形成支援事業  第7回研究報告会 2011.12.22

ネオビブサニン誘導体の合成と構造活性相関 今川洋,○山口仁美,西條速人,栗崎貴啓,山本博文,西沢麦夫,久保美和,牧野宏章,福山愛保

標識部位を持つネオビブサニン誘導体の合成研究

今川洋,前川健,○杉本実希子,山口仁美,西條速人,栗崎貴啓,山本博文,西沢麦夫,小田真隆,永浜政博, 櫻井 純

ent-ネオビブサニンBの合成研究 今川洋,西條速人,○清重雄司,山本博文,西沢麦夫,久保美和,福山愛保

糖尿病治療薬を目指したグリコシダーゼ阻害剤の開発 西川大亮,○竹井志織,山本博文,今川 洋

磁気ビーズ担持型ビザンチンの合成 ○中野真代,山本博文,今川 洋,西澤麦夫,櫻井純,樽井敬史,亀山直哉,白川大起,小田真隆,永浜政博

ケトロラックの全合成 ○佐々木郁雄,山本博文,今川 洋

カルボラン架橋型水銀触媒の開発 ○瀬山浩市郎,浜内洋志,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋

Hg(OTf)2触媒を用いた不斉アリールアレン環化反応 ○吉田博則,上田真穂,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋,西澤麦夫

シリルエーテルとヒドラジドとの触媒的炭素—窒素結合反応 ○山崎直人,吉留慎吾,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋

サルーシン蛍光標識体の合成 ○藤田奈央,大城貴樹,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋

免疫アジュバンドを指向したハイブリッドリピッドAの設計 ○田村郁子,米田稔彦,中野真代,山本博文,今川 洋,樽井敬史,亀山直哉,白川大起,小田真隆,永浜政博

第37回反応と合成の進歩シンポジウム(徳島) 2011.11.7-8

ケトロラック®の全合成研究 ○佐々木 郁雄, 光武 瑞穂, 烏谷 歩, 山本 博文, 今川 洋

第53回天然有機化合物討論会(大阪)2011.9.27-29 冬虫夏草 Ophiocordyceps heteropoda および 海洋微生物 Photobacterium sp.由来の新規環状ペプチドの単離と構造

○梅山明美、岡田みのり、中村由佳里、末永みどり、中野真代、今川 洋、橋本敏弘、熊田俊夫、足立恭子、奥 直也、川端兆隆、志津里芳一、石山亜紀、乙黒一彦、大村 智

日本薬学会第131年会(静岡) 2011.3.28-31

Vizantine の抗菌剤としての有用性 ◯亀山直哉,屋比久賢太,小田真隆,中野真代,山本博文,永浜政博, 今川 洋,西沢麦夫,櫻井 純

サルーシン類縁体の系統的合成及び構造活性相関 ◯高木悠一,光山忠史,大城貴樹,山本博文,今川 洋,西沢麦夫, 兼目裕充,志津里芳一,松尾嘉英

Vizantine 類縁体の合成と構造活性相関 ◯中野真代,山本博文,今川 洋,西沢麦夫,屋比久賢太,亀山直哉, 白川大起,小田真隆,永浜政博,櫻井 純

Hg(OTf)2を用いた触媒的アレン環化反応の開発と反応機構解析 ◯上田真穂,藤井章嘉,光山忠史,山本博文,今川 洋,西沢麦夫

新規水銀触媒nido-カルボラン水銀トリフラートを用いた速度論的ジエン環化反 応の開発 ◯瀬山浩市郎,塩見慎也,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋, 西沢麦夫

アセチルトシルヒドラジドを求核剤とするHg(OTf)2 触媒アリルアミノ化反応の開発 ◯山崎直人,吉留槙吾,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋,西沢麦夫

水銀トリフラート触媒不斉アリルアミド化反応の開発 ◯光武瑞穂,高木悠一,Elisabeth HO,佐々木郁雄,山本博文,今川 洋, 西沢麦夫

蛍光標識を持つネオビブサニン誘導体の合成 今川 洋,◯山口仁美,前川 健,杉本実希子,西條速人,栗崎貴啓, 山本博文,西沢麦夫,蕪 道子,小田真隆,永浜政博,櫻井純, 牧野宏章,久保美和,福山愛保

シラフェニル水銀トリフラートを用いた触媒的ピロール合成反応の開発 ◯佐々木郁雄,光武瑞穂,烏谷 歩,山本博文,今川洋,西沢麦夫

金属配位部位を持つ中性スフィンゴミエリナーゼ阻害剤の設計と合成 今川 洋,◯武本隆之,西川大亮,山内理恵子,吉川友美,山本博文, 西沢麦夫,小田真2,橋本 学,屋比久賢太,清家総史,加藤良子, 永浜政博,櫻井 純,高橋宏暢