徳島文理大学薬学部 田中研究室

徳島文理大学薬学部 薬品分析学(田中研究室)

生体高分子(核酸・蛋白質)の立体構造を解析し、その生体内での働きを調べています。
また、新規薬剤候補化合物の天然資源からの探索や有機天然物の合成を行っています。

旧薬品分析学教室(通研究室)のページはこちら

メタロDNA

導電性材料への応用が可能な金属を介したDNAの塩基対形成を、分光学的手法で解析しています

遺伝子治療薬

遺伝疾患の治療に有効な遺伝子治療薬の分子設計とそのデリバリーシステム開発を行っています

天然物のキラル合成

天然物の光学異性体には特有の香りがもつものが存在し、その不斉有機合成に取り組んでいます

損傷遺伝子修復酵素

がんや遺伝疾患の引き金となる損傷DNAを修復する酵素の塩基除去反応機構を解析しています

新しく配属された3年生の歓迎会をしました (2017.09.30)


田中好幸(教授)と服部良一(助教)が共著者の論文が Nature Chemistry にアクセプトされました! (2017.07.03)