Research

遺伝情報はDNAからmRNA、タンパク質へと伝えられます。この一本鎖であるmRNAや遺伝子本体である二重鎖DNAに直接相互作用し、その遺伝情報を制御する手法は医薬品への展開が期待できます。既にmRNAを標的とした手法は実用的なものもあり、世界的に広く研究が行われています。一方、二重鎖DNAを直接標的とする手法として、人工核酸と二重鎖DNAの三重鎖核酸形成により、その遺伝情報を阻害する方法(アンチジーン法)が知られていますが、実用化には程遠いのが現状であります。
そのような中、私たちは有機合成化学を駆使して、mRNAや二重鎖DNAを標的とした新たな機能性人工核酸の創製を目指しています。核酸創薬を視野に入れた新しい核酸テクノロジーの開発や核酸をキーワードとした新しい有機合成手法の開発を通じて、核酸化学、特に核酸有機化学領域の発展に貢献したいと考えています。