3つのポリシー

養成する人材像に関する基本コンセプト

「教育目的」

薬学部は、薬学に関して深い知識•技能•態度をもつ有能な人材を育成するとともに、最高最新の科学を教授研究することを目的とする。
薬学科は、薬剤師として必須の知識•技能•態度を習得するだけでなく、問題解決能力を有した薬剤師を養成することを目的とする。

「教育目標」

  1.  人文科学系、社会科学系などの多様な教養科目の充実による一般教育、教員と学生間の緊密な信頼関係に基づくコミュニケーション力の育成、ボランティア活動などを通じた倫理観の涵養、など全人格教育に重点を置きます。
  2. 系統だった薬学専門基礎教育に裏付けされた医療薬学教育の実践、海外の医療系大学との人的交流による国際的な感性の醸成により、幅広い知識と豊かな人間性を身に付けた薬剤師の養成、世界に飛躍する薬剤師資格を有した人材の育成、を目標とします。
  3.  将来の「チーム医療」において、実力を充分発揮する薬剤師の養成、及び将来共同研究を推進できる人間関係の構築を目標とします。
  4. 人の命と健康を守る薬を創製し、薬と生体がどのような仕組みで反応するのかを明らかにし、より有効に、より安全に薬を与える方法を研究し、その成果を世界に発信します。また、研究活動を通して、高度な問題解決能力を発揮する薬剤師を養成することを目標とします。

上記の理念、教育目標にもとづき、下記の要件を満たす学生に学位を授与します。

ディプロマ・ポリシー(DP)

「知識・理解」

  1.  薬の専門家として必要な医薬品に関する基本的な知識を修得している。
  2. 医薬品の構造と作用の原理について理解している。
  3. 人の健康と病気に関する幅広い知識を修得している。
  4. 海外の最新の医療情報を理解できる英語力を身につけている。

「技能・表現」

  1. 高度で多様化する医療に対応できる基本的な技能を身につけている。
  2. 薬学に関する専門的な情報を解析して評価することができる。
  3. 医療に関わる知識・情報を的確にまとめ、わかりやすく伝えることができる。

「思考・判断」

  1. 自ら課題を発見し、それを解決するための科学的なものの考え方を身につけている。
  2. 医療人の一員として適切で責任ある行動がとれる。

「関心・意欲・態度」

  1. 豊かな人間性、医療人としての倫理観と使命感を身につけ、患者本位のチーム医療を実践することができる。
  2. 地域における医療の担い手としての薬剤師の役割を深く自覚している。
  3. 高度で多様化する医療に対応できるよう、生涯にわたって学習する意欲を持ち続ける。

カリキュラム・ポリシー(CP)

薬学部は、チーム医療の一員として医療現場で有用な人材となる薬剤師、薬学専門基礎教育に裏付けられた課題発見・問題解決能力を備えた薬剤師を養成する、という教育目標、ディプローマ・ポリシーを実現するために、下記の教育を実施する。

  1. 1年次では、薬学部での学習意欲を高めるために、入門的な薬学概論、病院・薬局・行政・企業の4ヶ所すべてを見学する早期体験学習を配置する。また、少人数討論を経験するための基礎ゼミ、一般教養を身につけるための一般総合科目を配置する。
  2. 全学年を通じて、薬学教育モデルコアカリキュラムに準拠した薬学の基礎知識と専門知識を学ぶための科目、臨床への応用のための科目を順次配置する。
  3. 4年次において、薬学教育モデルコアカリキュラムの到達目標を達成し、5年次からの長期実務実習に備えるための総合的な学習科目を配置する。
  4. 主体的学習態度、課題発見・問題解決能力を養うため、研究室に配属しての長期間の卒業研究を実施する。配属開始期間は、4年次前期から6年次前期までであるが、意欲のある学生は3年次後期からも開始できるよう柔軟な体制を構築している。
  5. 研究意欲の高い学生のために、1,2,3年次のどこからでも研究室の一員として研究に関わることが可能となる学部内インターンシップを設定している。
  6. 5年次の長期実務実習においては、地域に密着した病院、薬局において、これまで学習した基礎的な知識・技能を実践の場で活かすとともに、実践の場での経験から基礎的な学習の必要性、重要性を体得できるようにしている。
  7. 6年次前期終了時点において卒業研究発表会を実施し、調査、研究した内容を簡潔にまとめてわかりやすく伝えるプレゼンテーション能力を身につける機会を設定している。
  8. 研究室における卒業研究の一環として、英語論文を読みこなし、内容をわかりやすく紹介する機会を設定する。
  9. 長期実務実習の事前学習、事後学習、および、長期間にわたる研究室への配属の期間を通じて、豊かな人間性の構築、コミュニケーション能力の訓練を「実践的に」学ぶことができる機会を提供している。
  10. 5-6年次では、本学薬学部の特徴を活かしたアドバンスト科目を配置し、より専門的、実践的な知識を身につけられるようにしている。
  11. 6年次においては、6年間を通じて学習した基礎知識、専門知識を薬剤師として活用できるよう総合的な学習科目を設定している。

アドミッション・ポリシー(AP)

薬学部は、チーム医療の一員としての「くすり」の専門家を養成します。医療人としての薬剤師を育てる上で、勉強はもちろんのこと、協調性と思いやりを持ち、豊かな人生を送ることができる人格形成が重要と考えています。そのため、学生が研究室に所属して研究活動に参加する機会を持つことを重視し、深い基礎学力、問題探索・解決能力、コミュニケーション能力を十分に身につけた学生を育てます。多くの卒業生が西日本各地で薬剤師として活躍しており、伝統校の強みをいかした学業支援、就職支援を行います。このような薬学部での勉学に意欲を持ち、多様な能力、潜在的な能力を持つ人材を求めます。