学部長メッセージ

医療ニーズに応える実践力を身につけた薬剤師の養成

 

学部長 永浜政博

 徳島文理大学薬学部は、1972年中国四国地区で最初の私立大学薬学部として設置され、現在、8000名を超える卒業生を社会に送り出して来ました。徳島文理大学の建学の精神である「自立協同」に基づいた「薬学部の教育理念」は、「全人教育により豊かな教養と人間性を有し、問題解決能力を身につけ、社会に貢献できる薬剤師を育成する」で、人々の健康と福祉の向上に貢献することを目標にしております。

 

 本薬学部の教育・研究環境は、優れた教育環境と最先端の研究装置と施設が整備され、特に、薬学専門教育を支える本学の研究活動は国内外から高い評価を受け、薬学研究に関わる主要な部門で全国ベスト10に入りました。すなわち、質の高い研究レベルに裏打ちされた最先端の薬学教育を実践し、さらに、研究活動を通して研究マインドを持った人材を育成しています。これは、社会のニーズに答えるため、薬剤師は薬の専門家として、これまで以上に知識・技能・人間性をしっかり身につける必要があるためです。本薬学部では、さらに、医療に貢献できる薬剤師育成のため、毎年、教育プログラムに改良を加え、質の高い教育・研究体制を構築し、多様な取り組みを展開しております。

 

 徳島文理大学薬学部は、「建学の精神」と「薬学部の教育理念」を基盤として、高度な薬学専門知識・技術を修得するとともに、医療人として人間性や問題解決能力の向上など、広範な医療現場で活躍できる薬の専門家の育成を目指しています。