医療薬学(京谷研)

医療薬学(京谷研)

京谷 庄二郎 教授

教授:京谷 庄二郎 Kyotani Shojiro(博士 薬学)

  • 実験助手:井口 美紀

研究室の紹介

当教室では、地域医療に貢献するため病院薬剤部・調剤薬局と連携して臨床の現場での課題(医薬品の安全性、有効性、適正使用)について薬学的な研究を行い、医療を実践できる薬剤師を育成します。
酸化ストレス(紫外線・ストレス・加齢 など)によって発生した活性酸素が、体内にある抗酸化物質の量を上回ると酸化が起こり、皮膚の老化現象(シミ、しわ等)を引き起こします。当教室では、天然物から得られる物質の抗酸化作用について研究すると共に、シミ・しわ・美白等に対する効果・作用のメカニズムについても研究を行っています。

主な研究テーマ

  1. 天然物由来物質の抗酸化作用と化粧品への応用
  2. 調剤時および口腔内適応時の各種口腔内崩壊錠の特性
  3. 後発医薬品に対する患者、医療関係者、薬学生の意識調査